2010年01月08日

■フジTV昼ドラ『インディゴの夜』にはまってます!

フジTV 昼ドラ『インディゴの夜』

Ci100108210450.jpg
私が一番最後にはまった昼ドラは「牡丹と薔薇」だった。
「牡丹と薔薇」もそうだったけど
昼ドラの代名詞といえば「こってこて、ドロッロドロの、メロドラマ」!
でも今回の昼ドラは『インディゴの夜』は夜の渋谷にあるホストクラブを舞台とした、ミステリー。

ちょっとめずらしかったので、1月2日の第一話を録画してみたらこれがオモシロイ!


・主人公は婚約者に逃げられた、元女エリート編集長
・ホストクラブ、という興味深々の場が事件の舞台
・ひとりのホストが殺されたところから物語は始まる


というのがポイント。
面白いと思ったら原作付だった。
昼ドラは原作無しのドラマオリジナルも多いと思うけど、やっぱり原作があるドラマは面白い!

「最近、面白い昼ドラってないなあ」という人はちょっと見てみて!
(ちなみに「インディゴ」は舞台となるホストクラブの店名です)

Ci100108211714.jpg


「インディゴの夜 」の原作を書店で見てみる






インディゴの夜 (創元推理文庫)

posted by Youko at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

■ドラマ『JIN-仁−』、最終回視聴率が25.3%

ドラマ『JIN-仁−』
http://www.tbs.co.jp/jin2009/
が2009年12月20日に最終回を迎えました。


Ci091222012754.jpg<大まかなあらすじ>

『JIN-仁-』は、漫画誌『スーパージャンプ』(集英社)連載中の漫画家・村上もとか氏の同名タイトルをドラマ化。

大沢演じる主人公・南方仁がひょんなことから江戸時代にタイムスリップしてしまい、
さまざまな歴史上の人物との交流を交えながら、歴史とかかわりを持っていくうちに、現在に残した恋人・未来(中谷美紀)の運命に変化が訪れるという物語。


 最終話では、江戸の花魁・野風の2役を演じる中谷美紀などが脇を固める。
そのほかにも武田鉄矢、小日向文世などベテラン陣も交差し、主人公・仁を軸に、さまざまな人間模様が展開され、各々の迫真の演技力で物語をさらに重厚なものとしている。

(オリコンスタイルより 一部抜粋)

→ ドラマ『JIN-仁−』の 続きをよむ
posted by Youko at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

■スティーブン・スピルバーク監督映画『A.I.』

ひさすら悲しい子供のお話(;;)

あらすじ

時は未来。
不治の病に侵された息子をもつ夫妻は、人工知能をもつ少年型ロボットのデイビット(ハーレイ・ジョエル・オズメント)を家に迎える。
だが、やがて息子が奇跡的に蘇生したことから、
デイビットは家を出されてしまう…。

B00005YWZQA.I【字幕版】 [VHS]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2002-04-05

by G-Tools



<このレビューは2004年どの再掲載です>
→ 続きをよむ
posted by Youko at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

■彩香は“銀座”へと/テレビ朝日連ドラか「女帝」第3話

俺とおまえが抱き合うときは、
   俺もおまえも天下を取ったときだ 〜直人〜


 + + +

クラブ「エレガンス」のNo,1ホステス・麗子の企みによって、直人と彩香は窮地にたたされる。

「大阪から離れろ」という直人に彩香は離れたくない、とすがりつくが・・・。
→ 続きをよむ
タグ:女帝
posted by Youko at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

■ヒロイン彩香の女帝道/テレビ朝日連ドラ「女帝」第1話

私が抱かれる時は勝負する時なの。
女として 一世一代の勝負をする時に高く売ってやるの 〜彩香〜


 + + +

観ました〜第1話!
ヒロインのかっこいいタンカが小気味よかったので、ドラマ「女帝」での、ぐっとキタ台詞を出来れば毎週紹介したいと思います。


→ 続きをよむ
posted by Youko at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

■オンナを武器にのしあがれ/テレビ朝日『女帝』

今期の気になるドラマはこれ!


テレビ朝日
『女帝』〜夜の銀座は女の修羅場〜
公式URL http://jotei.asahi.co.jp/

<あらすじ>
自分と母の人生を踏みにじった人々に復讐を誓った彩香は、銀座で女を武器に男たちの上に君臨する“女帝”となることを誓う・・・。


→ 続きをよむ
posted by Youko at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

■『間宮兄弟』映画化!

以前に当サロンでも紹介した小説、江國香織『間宮兄弟』が映画になりました。明日から公開だそうで。

新聞で知ったのですが、「男の人って服装でイメージ変わるもんだなぁ」と感心ひとしきり。

私の好きな俳優さんのひとり、佐々木蔵之介さんがこの映画の主演のひとりなんですね。で、こちらの映画公式HPでみてもらえれば分かるのですが、とにかくダサイ(笑)

道化師のようなストライプのシャツがなんともいい味を出しております。

原作もかなり独特な世界感を、かもしだしていたので、その辺りが映画でどんな風に消化されているのか楽しみですね。


  
 →江國香織『間宮兄弟』の小説のレビューを読んでみる人はコチラから(ネタバレ有) 
posted by Youko at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(1) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

■夫婦で殺し屋/映画『Mr & Mrs Smith』

何年ぶりかを言いたくないくらいに、映画館に足を運んだのは久しぶりという・・(笑)
そんな私が観てきましが映画がコチラ

ブラッド・ピットxアンジェリーナ・ジョリー 主演
映画『Mr & Mrs Smith』(ミスター アンド ミセス スミス)


(公式HPは→こちらから

↓にあります宣伝ポスターがあんまりにもかっこよかったので、とても観たくなり、
気乗りしない旦那をひっぱって行って参りました。

Mr & Mrs Smith
→ 続きをよむ
posted by Youko at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

■新春ドラマ『里見八犬伝』

私が「南総里見八犬伝」と言われてすぐに思い出すのが、角川映画「里見八犬伝」(1983年)

しかし2006年1月2日・3日の2夜連続放映された、今回のTVドラマと映画では筋すら全く違っていました。
そこで、ちょっとネット検索をかけてみたところ、実は映画の方が原作とはまったく違うかなりオリジナルな内容だということが分りました。
原作と映画の比較は、こちらのサイト様をご参考にしてもらうとして・・・。

今回の2夜連続新春ドラマ『里見八犬伝』の感想など。 

 注)以下よりネタバレ含みます

→続きを読む
posted by Youko at 21:25 | Comment(2) | TrackBack(1) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

■昼メロ『正しい恋愛のススメ』最終回!

博明  「決めたっ! オレ、“じぇんとるめん”になる。」
護国寺 「…はぁ!?」


〜昼メロ『正しい恋愛のススメ』最終回一場面より〜


 + + +

えー、やってきました最終回。
これを観て私と同じく「はあ?」と感じた方も多いハズ^_^;

博明くんをここまでボケ、カッコワルイキャラにしてくるとは、やるなTBS!って感じで、あたしゃー、もう何もいう事はございません…。
 ※以下からはネタバレ有りなのでドラマ録画してる人は後から読んでね→ 続きを読む
posted by Youko at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

■昼メロ『正しい恋愛のススメ』今週のハイライト(3)

 「オレの知っている菜都は自分の色は変えない、 
 まっすぐ前むいて、笑ったり、怒ったり、叫んだり。つかまえてないとどっかに逃げていきそうな、そんな女だった。
 オレはそんな菜都が―――好きだった」

〜昼メロ『正しい恋愛のススメ』9/19〜9/23放映済一場面より〜


   + + +

すいませーん、先週はちょいと私用で忙しくて、掲載が今週にもちこしてしまいました。もし楽しみに待ってらっしゃった人がいてたらごめんなさい!
→ 続きを読む
posted by Youko at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

■昼メロ『正しい恋愛のススメ』今週のハイライト(2)

 『男と女のつながりなんてSEXだけじゃないのにね。
   私が欲しかったのはココロだけなんだ。』
 
      
    〜ドラマ『正しい恋愛のススメ』9/12〜9/16放映済一場面より〜
 → 続きを読む
posted by Youko at 08:29 | Comment(2) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

■昼メロ『正しい恋愛のススメ』今週のハイライト(1)

博明 「やるよ、やりゃーいいんだろ!」 
      やけくそ気味で叫ぶ博明に護国寺は満足そうな笑みをうかべる

護国寺「よし、ビジネス成立だ」 
      博明に急にキスをする護国寺、あわてる博明

博明 「(手で口をこすりつつ、ぶーっと吹き出し)
   もう 何すんだよ!? オレの男との記念のファースト・キスを」

護国寺「(笑いながら)刺激的だろ? え?  」
       

(中略)

護国寺「(博明の肩に手をかけて)何だったらよ、もっと刺激的なことを教えてやってもいいんだぜ」

      〜ドラマ『正しい恋愛のススメ』9/5〜9/9放映済一場面より〜

 + + +

 いろいろと他にハイライトをあてたいセリフもあったんですけど、今回は護国寺クンの体をはった演技(?)に脱帽ってことで、この場面となりました



 → 続きを読む
posted by Youko at 15:52 | Comment(2) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

■愛の劇場『正しい恋愛のススメ』公式ホームページ見つけました

     愛の劇場『正しい恋愛のススメ』公式ホームページ 
 → http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/tadashiirenai/index-j.html

内容は放映済みの、1週間分ごとのあらすじが載っているので、見落とした人はチェックしてみてね。


このあらすじを読んで改めて思ったんだけど、どうして護国寺は「大学生」なのに学生服を着てるんでしょう?
誰か知ってるひとがいたら教えてくださ〜い(>_<) 
 ※ドラマ上では博明&護国寺たちは大学生に変わってます。
  
 それからこのHPにはBBSもあって書き込みを読んでるとやっぱり原作を読んでる人は「ちょっと違うんじゃない?」という感想が多かった。
でも逆に「原作を読まずにドラマを初めて観たけど、なんだかおもしろそう!」という意見もあったりして。




続きを読む
posted by Youko at 16:43 | Comment(4) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

■TBS昼ドラ『正しい恋愛のススメ』初回印象

 みましたよ〜、第1回目放送。 

とにかくこれだけは声を大にしていいたい!

なぜ「岬玲子」役が大島さと子なんだろう?


 → 続きを読む
posted by Youko at 09:33 | Comment(2) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

■一条ゆかり『正しい恋愛のススメ』がウエンツ瑛士(19)主演で昼メロ化!

ウエンツ瑛士、昼ドラで初主役!ラブシーン! 主婦メロメロ!? TBS系「正しい恋愛のススメ」 

『バラエティー番組の出演やユニット「WaT」の音楽活動でも活躍中のタレント・ウエンツ瑛士(19)が、TBS系愛の劇場「正しい恋愛のススメ」 (9月5日スタート、月〜金曜・後1時)で、初のメーンキャストを務めることになった。』


…ウエンツ君で“主婦がメロメロ”になるかは、はなはな疑問だけど(笑)
個人的にはウエンツ君は美少年だと思うけど、今現在の演技力じゃあちょっと、と思っている。

とはいえ、『正しい恋愛のススメ』は私も大好きな作品で過去にコミックスレビューもしているので今回のドラマ化はやっぱり興味ありありです。ですのでちゃっかりチェックだけはして感想などをまた報告したいと思います。


■補足事項■
一条ゆかり『正しい恋愛のススメ』 は漫画文庫サイズ・全3巻として再発行されています。
下記の書影から購入することもできます。

正しい恋愛のススメ (1)正しい恋愛のススメ (2) 正しい恋愛のススメ (3)

■淑女Booksのレビュー集■
→『正しい恋愛のススメ』 (1)
→『正しい恋愛のススメ』 (2)
→『正しい恋愛のススメ』 (3)
→『正しい恋愛のススメ』 (4)
posted by Youko at 14:30 | Comment(8) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。