2011年01月04日

ライトノベル

つい最近まで「ライトノベル」って何の事か知らなかった私。
これまたちょっと前の朝日新聞(毎朝のひそかな楽しみ。。)のコラムかなんかに載ってたのを見て初めて知った。

「普通の書籍とは違い若者むけの読みやすい本」

みたいな定義がついてたと思う。要するに「コバルト文庫」「電撃文庫」「角川スニーカー文庫」とか そのあたりの本だ。
私は昔は「コバルト文庫」をむさぼるように読んでいた。今もとっても好きなシリーズの本はまだ買ってるんだけど。まあ実際、サクサク読めちゃうよね。本の厚さにもよるけど3時間ぐらいあれば余裕で読めてしまう。
私の読む小説の9割がたは「ライトノベル」だったんだ〜、思うとちょっと複雑な感じもする。
「今までよんでたのは書籍では無かったのかな??」っていう気持ちになってしまった。
でもそのコラムの結びには
「実際、売れている小説の○割はこのライトノベルであり、無視する事はできない存在だ」というような事が書かれていた。この一文にちょっとほっとした私でした。

※今回の記事は2004年11月28日旧ブログからの再録です。
posted by Youko at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

官能小説のいろいろ

前にも書いたけど、私はえっちな本、官能的な本が大好き。→ 続きをよむ
posted by Youko at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼけとツッコミ免許証

12/16付けの夕刊で「ぼけとツッコミ ビジネスの必須アイテム」という見出しに思わず目を通してみると、関西の社長は間違いなくボケるが関東ではそうではないらしい、という内容だった。以下、12/16付朝日新聞より抜粋すると→ 続きをよむ
posted by Youko at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

目を閉じておいでよ

『 こんなふうにもっと変になっちゃっていい?』 
(BABEE BOYS「目を閉じておいでよ」より)→ 「目を閉じておいでよ」の続きをよむ
タグ:SEX
posted by Youko at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ライトノベル

つい最近まで「ライトノベル」って何の事か知らなかった私。


→ 『ライトノベル』 の続きをよむ
posted by Youko at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

■メリークリスマス Mr. Lawrence

私は単純なのでラジオから流れる曲にものすごく影響されやすいです。

好きな曲が流れてたりすると
一日中その曲が頭の中をぐるぐるまわり、
あげくの果てに口ずさみ続けまわりに不審がられたりもします。

→ 続きをよむ
posted by Youko at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

■楽天ブックスが送料無料に

送料無料!全国のファミリーマートで受取・支払可能な新サービス
 「楽天ブックス@ファミマ受取便 がスタート!」


“コンビニ受け取りなら無料”っていサービスは「セブンアンドワイ書店」が先駆けですね。

楽天でポイントをためてる人には、こちらの方が使いやすく嬉しいのでは? 
私もここ6ヶ月でやっと楽天デビューしました。利用しだすとポイントって気になっちゃうものですね(^_^.)


posted by Youko at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

■末次由紀『エデンの花』がバスケ漫画『スラムダンク』から盗用

知っているひとはすでに知ってる、ちょっとショッキングなニュースから(私は「ある編集者の気になるノート」さんで知りました)

 講談社、盗用で漫画作品25点を回収・絶版  

→ 続きを読む
posted by Youko at 15:42 | Comment(6) | TrackBack(1) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

■矢沢あい『NANA』の魅力

Nana (7)
『NANA』の勢いがとまらない。

コミックス『NANA』はバンクバンドのボーカリストナナと、恋なしには生きていけない奈々(通称ハチ)。

対象的な2人のそれぞれの恋と友情を描いた矢沢あいさん作のマンガは単行本13巻で計2500万部のメガヒット。
映画化もされ、3日から全国公開される。

 (9/2日付 朝日新聞朝刊より 抜粋)
 

 
 今、10代〜に爆発的人気のコミックス・矢沢あい『NANA』
・・・が、歯医者の待合室でおいてあったのがきっかけて読み始めたんですが、正直あまりのめりこめませんでした。
もう歳かな?(笑)
 
 
続きを読む
posted by Youko at 13:35 | Comment(2) | TrackBack(4) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

■AmazonBooksの7月クリック集計■

今月からクリック集計をとってみることにしました。

→興味のあるかたはこちらから
posted by Youko at 15:37 | Comment(3) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ひとごとじゃないかも?「AmazonレビュアーVS著者」論争

私がよくお邪魔させていただいている「ある編集者の気になるノート」さんからヒトゴトじゃない記事が紹介されているのを見つけました。

大バトル勃発! AmazonレビュアーVS著者 (exciteブックス)

ちまたでは結構話題騒然となっていたようなのですが、最近私がぼーっとしてたせいで今日までまったく知りませんでした。

続きを読む
posted by Youko at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

世は女性向け官能小説ブーム?

最近とみに思うこと。
「女性向け官能小説のブーム到来?」


というのは「小説宝石」 「小説現代」ともに3月号は“官能小説特集”を組んでいるのです。見出しをみる限りでは女性むけ・女流作家のものも多々ありました。それから「小説新潮」3月号では官能ではないものの“純愛小説・せつない恋特集”ということですからやっぱり女性読者を意識した構成です。それでなくても、ここ最近は雑誌にがぎらず少し恥ずかしいような内容の小説でも新聞広告でよく見かけるようになりましたし。

続きを読む
posted by Youko at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(2) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

負け犬の遠吠え

負け犬という言葉を初めてきいたのは今年の夏あたりだったか。TVの情報番組で どんなに美人で どんなにセンスがよくて 仕事ができて 性格が良くても、30代以上・未婚・子ナシの女性を総称してそう呼ぶのだと紹介していた。

“負け犬”ってひどい呼称だな、誰が言い出したんだろ?と思っていたらどうもこの本からメディアに流れた言葉らしい。私をこの本に当てはめると“勝ち犬”ってことになるのだろうがそういう単純な言葉ではないようだ。→ 続きをよむ
posted by Youko at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。