2005年11月20日

■働く妻、夫の稼ぎ無関係?

 11/19日付け 朝日新聞より

『働く妻 夫の稼ぎ無関係』〜「高収入ほど低率」覆す〜

という記事を読みました。

内容をざっくりまとめると、
  
 ・約1千人の女性の、6年分のデータを分析した結果、
 ・夫の収入が高いほど、妻の就業率は低いという経済法則が、国内の家庭ではあてはまらなくなっていることが調査によって明らかになった。


というもの。

正直、「やっぱりね〜」と思いました。

だって、私のご近所さんでも「子供の手がはなれたら働きたい」と言っている奥さまが4人はいるし、旧友をみても子供のいない夫婦はみな共働き。
どれもこれも妻は「夫の稼ぎが少ないから働く、裕福だから家にいる」という理由で活動しているわけではないのだから。


   + + +

さらに詳しいデータをみると
 
 (1)妻の平均就業率は46%、夫の平均収入は527万1900円
 (2)夫の収入が前年より上がって離職したり、下がって働き始めたりする妻はほとんどおらず、年収が100万円変化した場合の就業率の変動もほぼゼロ。
 (3)ライフスタイルはすぐには変えられない可能性もあるため、3年間の平均収入の変化でみたが同様だった。

 とのこと。

この背景にはかなりの「節約生活」が可能になっていることもある気がします。
だって今は生活用品はタダ同然で手に入るし(例えば100円均一、市役所で服など無料でもらえる所もある)、食材も輸入品でよければスーパーでこれまた安く手に入ります(野菜が100円以下、卵80円など)。

共働きになるとどうしても、三度のご飯を出来合いの惣菜にしてしまって高くついたり、子供がいるなら保育所代、学童代もかかるので以外に費用もかかる。子供がいない家庭ならなおさら、妻ひとり分くらいは食費分1万〜2万程度をたせば夫婦ふたりで生きていくのはたやすいとも思うのです。

だから奥さまが「働きたい」と思うのは自分の好きな洋服が欲しかったり、ブランドバッグが欲しかったり、「自分だけのお金」が欲しかったり、生きがいが欲しかったり、そういうことなんじゃないだろうか。

そしてこうなってくると「夫の給料云々」は関係なくなりますよね。
 “自分で思うように好き勝手した〜い!”
私には世の奥さまたちの、そういうつぶやきが聞こえてくる記事でした。

この記事へのコメント
今夫が高収入でも明日をも知れないこの世の中ですから、女性もいったん始めた仕事をなかなか辞めなくなったんじゃないかな、という気もします。

いったん退職すると、再就職は難しいですし。
Posted by さよこ at 2005年11月21日 00:54
>夫が高収入でも明日をも知れないこの世の中ですから、
確かにさよこさんの言うとおりですね。私の知人のオジサマも某大手銀行に勤めてましたが数年前にリストラされ早期退職の憂き目にあってました。

ひとむかし前の「オレの稼ぎで食わしてやってるんだぞ!」のパターンではなく、「夫の稼ぎがなくても私ががんばればいいじゃない!」そういって一緒にふんばれる夫婦像に変わってきているのかも。

Posted by ようこ at 2005年11月21日 15:17
こんばんは、北里です。

>“自分で思うように好き勝手した〜い!”

まさに心の声が聞こえてくるようです。

個人的には働く女性と主婦達の熟年離婚率に差があるのか見てみたいですね。やはり働く女性だと見切りをつけやすいかも??
Posted by 北里 at 2005年11月23日 18:15
北里さま

>やはり働く女性だと見切りをつけやすいかも??
>私的には「熟年離婚率」だと逆かな?と思っています。

女性の場合、自分も働いていると、夫婦間の不満を仕事で発散できる部分もあるでしょうから「十数年間我慢してきて、ハイ!離婚」ということもない気がするのです。

今話題のドラマ「熟年離婚」もそうですが、逆に妻が専業主婦だと、やっぱり夫へ「奉仕している」とう感覚からなかなか抜け出せないのでは?と考えています。


Posted by ようこ at 2005年11月24日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。