2005年10月21日

■末次由紀『エデンの花』がバスケ漫画『スラムダンク』から盗用

知っているひとはすでに知ってる、ちょっとショッキングなニュースから(私は「ある編集者の気になるノート」さんで知りました)

 講談社、盗用で漫画作品25点を回収・絶版  

 + + +

まずこの「エデンの花」はさわりだけ読んだことがあります。簡単に言えば“血のつながらない兄妹のちょっとせつない恋愛物語”でしょうか。(最初1巻はそんな感じでした)

私の世代に男女問わず流行したバスケ漫画『スラムダンク』。
そのシュート場面を何箇所か盗用したそうです(本人も認めているそう)

はっきり言ってもったいないな〜、と思いませんか?
かたや、恋愛少女漫画。
かたや、少年友情バスケ漫画。

漫画のタッチはもちろんですが、物語のテーマ、キャラクター、何をとってもこの2作品に共通しているものなど何もないのに。
ネタ(シチュエーション)に困ってのことではないだろうに。

少女漫画家の末次由紀には臨場感あふれるバスケット場面をあたまに描くことができなかったんでしょうね。それでついつい…。

でも彼女のその代償は大きかった。
既刊25冊の絶版・回収、別冊フレンドに連載中作品の打ち切り、
間違いなく、この業界から仕事をほされて、無期休業。


ところで、
くだんの「エデンの花」はすでに完結済みで、なぜこんなに時間がたってから発覚したのかというと、これもネット掲示板からですって。

ネットの威力ってほんとオソロシイなあ…。



posted by Youko at 15:42 | Comment(6) | TrackBack(1) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に怖いですね、ブルブル・・・。

どちらも人気漫画だから両方読んでいる人が多かったのでしょうね。
Posted by さよこ at 2005年10月21日 21:43
>どちらも人気漫画だから両方読んでいる人が多かったのでしょうね。
ほんと、そうなんでしょうね。
特に『スラムダンク』は私のような30代には超・有名作品で、今でも豪華版になって再販されてたりしますし。

>本当に怖いですね、ブルブル・・・。
ええ、まったく! ブルブル・・・!

Posted by ようこ at 2005年10月22日 07:22
 それに加えて末次さんは軽率な行動を取ってしまったのですよ。ご自身のサイトのbbsの中で盗用を認め謝罪文を載せた後、読者を装って自己弁護の文を書き込み、IPからばれてしまったのです。
 すぐにサイトは閉鎖され、ネットで大騒ぎになったところ、それからわずか数日という異例の速さで絶版・回収、休載となってしまったのです。

閉鎖された末次さんのサイトのbbsです。
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi13446.htm

最初にきちんと反省して謝罪していれば、問題のページ書き替えだけで済んだのかもしれません。
『エデンの花』は韓国のドラマ化が決まっていたのですが、こうなってはもうお流れでしょう。
Posted by 緑の時 at 2005年10月23日 03:27
緑の時さま、フォローコメントありがとうございました。

>読者を装って自己弁護の文を書き込み、IPからばれてしまったのです。
確かにこれはちょっと軽率ですね。表示されてなくてもIPは分かってしまうのに。

>『エデンの花』は韓国のドラマ化が決まっていたのですが、
>こうなってはもうお流れでしょう。
確かに、そうでしょうね。
著者はたった番外編の数ページのために大きな代償を支払うことになってしまいましたね。
いろいろひっくるめて、ほんとうに嫌な話です…。

Posted by ようこ@主催者 at 2005年10月23日 21:34
こんにちは、北里です。
似たような事件が、また起こったので、トラバさせて頂きました。
今度は漫画→漫画じゃなく、漫画→小説。でも二つの事件が似ているのは。1.2箇所だけでなく数十箇所も真似ているという点。やっぱり、一度盗作してしまうと、盗作していると言う感覚が麻痺してしまうのですかね〜。この作者はこれで10冊目の小説だそうですが、今までの積み重ね、もったいない話です。
Posted by 北里 at 2005年11月09日 13:28
北里さま
>一度盗作してしまうと、盗作していると言う感覚が
>麻痺してしまうのですかね
きっとそうなのでしょう。だって作品の雰囲気っていうのは全体的なものじゃないですか。そのオリジナルの「一部」を盗用しちゃたら、全体の雰囲気の辻褄を合わせるために、やっぱり「何度も」盗用するハメになるような気がします。
Posted by ようこ@主催者 at 2005年11月09日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「漫画と類似表現、小説絶版に」
Excerpt: こんにちは、北里です。ヤフーのニュースにこんな記事が。 <原書房>漫画と類似表現、小説絶版に >原書房(本社・東京都新宿区)が今年出版した飛鳥部勝則さんの小説 >「誰のための..
Weblog: 闘う女達への応援歌!日記
Tracked: 2005-11-09 13:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。