2005年09月03日

■矢沢あい『NANA』の魅力

Nana (7)
『NANA』の勢いがとまらない。

コミックス『NANA』はバンクバンドのボーカリストナナと、恋なしには生きていけない奈々(通称ハチ)。

対象的な2人のそれぞれの恋と友情を描いた矢沢あいさん作のマンガは単行本13巻で計2500万部のメガヒット。
映画化もされ、3日から全国公開される。

 (9/2日付 朝日新聞朝刊より 抜粋)
 

 
 今、10代〜に爆発的人気のコミックス・矢沢あい『NANA』
・・・が、歯医者の待合室でおいてあったのがきっかけて読み始めたんですが、正直あまりのめりこめませんでした。
もう歳かな?(笑)
 
 
  + + +
 
のめりこめなかった理由、それは
『NANA』の登場人物たちはみな20代前半、未婚、バンドもの、女性同士の独占欲的な友情がテーマで、グループ内での恋愛〜ほれた、はれた、別れた〜のスピードがあまりにも早くすでに恋愛ヒモノ状態の私には共感しきれなかったことが原因だと思います。


10数年前に日本でも流行した、海外ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』に近いノリで、とにかく“仲間内外でえんえんとくっついては別れる”の恋愛を繰り返していくわけです。(ちなみに私は同ドラマは途中で飽きるまでは大好きでずーっと観てました )
3巻までを読んだところで、歯の治療も終り“ま、いっか”と特に続きを買おう!などとは特に思わずじまいでした。

  が、どーも『NANA』は私にどうしても読まれたがっていたらしく、最近親しくなったご近所の奥さん(33歳)が「斉藤さんは漫画お好き?」と既刊全13巻まで貸してくれることになったのです。
心の内で「NANAが好きなんて若いなあ」なんてつぶやきながらも、ご好意は素直にうけとることにしました。

そして、13巻読破し、あらためてみてみるとどうでしょう。
不思議とちょっぴりだけ、はまっている私がいたんです。
少なくともお話の続きが気になるくらいには。


それは一重に著者・矢沢あいのしっかりとした画(←少しクセ有)ともうひとりの主人公・奈々(愛称ハチ)の惚れやすさにあるんじゃないでしょうか。

バンドの「ナナ」が他人を寄せ付けないほどの意思の強さをひっさげて歩いているのに対し、「奈々」はとにかくいろんな事に流されやすい。
 
恋人をおっかけて地方から東京にでてきたと思ったら、恋人には浮気され、またこりずに新しい彼をつくったかと思えば、その一方であこがれのバンドマンとSEXして妊娠しちゃたりする計画性のなさ & 流されやすさと言ったら!


「悪い子じゃあないんだけどねえ…」
もし私に奈々のような友達がいたらまちがいなくこうつぶやいていることでしょう(笑)

10代の女の子なら誰でももっている意思の固さ(=ナナ)と、流されやすさ(=奈々)。
いっけん合い入れそうにない女の子2人の友情。

そのあたりをきっちり描ききっているところが若い女の子たちに支持されているのかもしれません。


NANA―Novel from the movie
■補足情報■ 
今日、9/3日から映画も封切られます。
  →公式HPはこちらから 
主演は歌姫 中島美嘉。

 ・・・TVでの映画公開事前インタビューをみましたが、ちょっと?いや全然、中島美嘉の魅力が活かしきれてなかった映像になってました。
「彼女にあのアイメイクは似合わない。恐いだけだよ〜」って感じで…(←アクマでも私の個人的意見です)
  でも映画本編は観てないので、そこではもう少し魅力的なナナ役・中島美嘉が観れるのかもしれませんね。


posted by Youko at 13:35 | Comment(2) | TrackBack(4) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コミックス『NANA』の人気は ものすごいようですね。
次女は 続きが気になって連載雑誌を立ち読みしてるそうです。
(そう言えばこの2,3年 娘は自分でコミックスを買わないなぁ。)

矢沢あいは『天使なんかじゃない』の頃まで読んでいましたが 
さすがに『NANA』は未読です。

Posted by こむぎ at 2005年09月04日 10:19
>コミックス『NANA』の人気は ものすごいようですね。
私も1年ほど前に、大型書店などでポスター、POPを見て初めて知ったんです。連載してるのが『クッキー』という10代向け雑誌だから全然読む機会もありませんでし。

>次女は 続きが気になって連載雑誌を立ち読みしてるそうです。
実はわたしも・・・(笑)
でも『NANA』ってストーリーの進みがとーっても遅いんですよ。

>矢沢あいは『天使なんかじゃない』の頃まで読んで
>いましたがさすがに『NANA』は未読です。
私は矢沢あいの作品を読むのは『NANA』が初めてでした。
“アニメ化された『ご近所物語』の作者”っていう認識しかありませんでしたね。
あんまり画も好みではなかったので余計でした。
Posted by ようこ@主催者 at 2005年09月04日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

NANA今日から公開
Excerpt: 大人気少女コミックの実写化した映画の公開が 今日3日から始まりスゴイ事になるだろう NANAは今スゲー大人気らしいんだけど 俺的に言うとNANAって良く知らないんだよね 少女漫画はでセラームー..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-03 18:23

矢沢あい
Excerpt: 矢沢あいの最新情報をチェック!ad4();         矢沢あい...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-09-10 09:29

Nana 英語版
Excerpt: Nana (amazon) Nana 英語版 価格: ¥942 (税込) 出版社:Viz Communications 作者:矢沢あい (Ai Ya..
Weblog: ☆マイノリティ コミック☆
Tracked: 2005-09-12 13:06

タロット占い師「神楽」の「矢沢あい」さんをタロットカードで数...
Excerpt: タロット占い師「神楽」のタロットカードで数秘術!?第91回・タロット数秘で運勢鑑定です!!←カモワン版タロットや、←トート版タロットに使われている技術の、「ソウルカード」や「パーソナルカード」などと数..
Weblog: 神楽のお部屋。
Tracked: 2006-10-27 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。