2005年03月01日

重たい女

24歳 某女性の相談

『今までに重たい女っていわれていつも振られるんですけど、なにかアドバイスがあればよろしくお願いします。』


以下はこの某TV占い番組にゲスト出演されていた俳優・館ひろしさんのコメントです。
“僕が若いときに本当に夢中になった女の子がいて、そのコが母親から教えられて実行していた恋愛の極意があるんだ。それは・・・


  
  ■ 料理ができるって言わない
  ■ 愛してるって言わない
  ■ 貞淑な女だと思われない


の3つなんだよ。”

(この話を聞いた相談者の女性は「うわー、全部やってました。アイタタタ!」と痛い顔をしていたのが笑えました)

それにしてもかっこいいコメントですよね、ほんと。
あの館さんにそんな事を言わせることのできるその女性にも脱帽です!

補足するなら1番は“本当は料理も得意だけど出来ないフリをする”という事なんですって(私の様に本当に苦手だと意味がない・笑)確かに彼氏がひとり暮らしでもしようものなら「わたし、お料理が得意だから今度作りにいくねぇ〜」というのは女性の常套句のような気はします。しますけどそれはマイナスなんですって。
「意外性」というのは確かに重要かもしれませんね。

自分にあてはめてみると1番目は論外、2番目は微妙・・、かろうじて実行していたのは3番目くらいでしょうか。
特に親しい男友達がいたわけでもないのに“あなたが忙しくても私には他にいくらでもいるのよ”っていうそぶりは見せるようにがんばってましたっけ。でも今思えばバレバレだったかもしれませんけどね^_^; 



この記事へのコメント
斉藤ようこ様、はじめまして。
私のブログにコメントをいただき、ありがとうございました。
こちらはとても面白そうなブログですね。いつか書評に取り上げていただけるような作品を書きたいです。これからもよろしくお願いします。

追伸:上の3つのアドバイスは唸ってしまいました!! ちなみに、私は3つとも守っています(1はただ単に自信がないからですが)!!!
Posted by さよこ at 2005年03月02日 16:57
>さよこ様

お立ち寄りくださってありがとうございます(^^)
官能小説を書いていらっしゃるとの事。機会をみつけてぜひ読んでみたいと思います。これからもよろしくお願いします。

>上の3つのアドバイスは唸ってしまいました!!
このあたりの微妙な引き算は唸っちゃいますよね(笑)
でもすでに実行済みだったなんて、さよこさんにも脱帽!ですね。
Posted by ようこ@主催者 at 2005年03月02日 22:40
ごめんなさい、トラバがうまくできなくて二重送信になってしまいました。
Posted by さよこ at 2005年03月13日 18:28
さよこ様

TBありがとうございました(^^)

SeesaaはTBの反映が遅いようでご迷惑をおかけしました。ひとつは削除しておきますね!
Posted by ようこ@主催者 at 2005年03月13日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大切にされる女
Excerpt: ようこさんのブログに、面白い話があった。 彼にいつも重たいといわれて振られる女の子に対して、俳優舘ひろしからのアドバイス。 それは・・・この3点を守ること。 知りたい人はトラバをクリック..
Weblog: 咲蓉子の官能な日々
Tracked: 2005-03-13 18:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。