2005年02月25日

世は女性向け官能小説ブーム?

最近とみに思うこと。
「女性向け官能小説のブーム到来?」


というのは「小説宝石」 「小説現代」ともに3月号は“官能小説特集”を組んでいるのです。見出しをみる限りでは女性むけ・女流作家のものも多々ありました。それから「小説新潮」3月号では官能ではないものの“純愛小説・せつない恋特集”ということですからやっぱり女性読者を意識した構成です。それでなくても、ここ最近は雑誌にがぎらず少し恥ずかしいような内容の小説でも新聞広告でよく見かけるようになりましたし。

 + + +

いままで女性むけで官能的な小説を探そうと思ったらそれこそ本屋さんに行って根気強く探すしかありませんでしたけど、変われば変わるものですね。こうやって堂々と広告までうって次々と発表されているんですから。

今までにもそういった需要はあったとは思うんです。でもここまで表面にあらわれてくるっていうのは・・・。女性も日常に退屈しきって刺激を求めている証拠なのかも。

でもどんな刺激もなれちゃったら「日常」となんら変わりなくなってくると思うのですが・・・。 

どうでしょうね?



posted by Youko at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(2) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性向け官能小説のブームが来たらこのサイトが草分けのサイトになりますね!
Posted by さくら at 2005年02月25日 20:12
そうなれたらいいですね(^^)
でもそれまでに山ほどそういう本を読まないといけませんね。頭のなかが常にピンク色って感じでしょうか(笑)
Posted by ようこ@主催者 at 2005年02月25日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

無料でアダルトサイト運営2 さて何しよう?前編
Excerpt: さてさて、サーバーも見つかり、次に必要な事は「具体的に何をしよう?」・・・ってことですね(^^まず考える事、エロサイトもいろいろあるのでまず大きな枠で・・・1エロ小説2エロイラスト3エロ検索サイト4エ..
Weblog: かめぶろ
Tracked: 2005-03-01 00:32

第27話(1)キャビンアテンダント
Excerpt: 官能小説ブログ
Weblog: 女の哀しみ、官能小説と画像と音楽と
Tracked: 2005-06-27 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。