2011年01月04日

いいひと、わるいひと

女性が口にする「いいひと」は誉め言葉ではない と言ったら世の男性たちはびっくりするだろうか。。

A子 「ねえねえ、C美、このあいだコンパで一緒だった彼とその後どう?」
C美 「彼って?・・」
A子 「ほら、先週末のコンパでC美にすごくアプローチかけてた人よ。途中から隣に座ってたでしょ?」
C美 「ああ、あの人か。うーん、確かにいい人っぽいんだけど・・・、ちょっとね」
もちろん誉め言葉のときもあるが上のようなときは決してそうではない。
薬にも毒にもならない人が「いいひと」ってことなのだ。さらに意訳すれば‘あなたに魅力は感じないの。ごめんなさい’ということになる。
この「いいひと」は女性にとっては非常に便利な言葉なのだ。
「あなたは私にはいい人すぎるから・・」などと特にお付き合いを断るための口実によく使われている。


では「わるいひと」はどうかというと、
言葉通りに「悪い」というマイナスの意味に使われることも多いが、女性の口にのぼる時にはまた違う意味合いのときもある。


C美「私、気になるひとがいるんだよね」
A子「え、だれだれ?」
C美「営業のT崎さん。この間の飲み会でちょっといいなと思って」
A子「T崎さんか〜。私もちょっと気になってたんだ。・・・でもあの人わるいひとって噂だよ。」


という具合にプレイボーイのような意味で使われることがある。ありていに言えば「(女ぐせが)わるい」というニュアンスだ。 でも個人的な感覚でいえばけっして「あくどい人」というニュアンスではなくて、「しょうがない人」という感覚に近い。女ぐせは悪いかもしれないけど、しかたないよね、と言った風なのだ。


でも「いいひと」が本当に良い人だった場合、女性は後からそれに気づきお付き合いが始まることも実際にはよくある。そしてそういう女性の方が平穏で幸せな人生を送れるかもしれない。なんと言っても気性が穏やかなひとは女性を大切にしてくれることも多いから。 
が、そうは分かってはいても私の場合はそう簡単にはいかない。だって追いかけられるより、追いかけるほうが好きな損な性分だから(笑)

※今回は2005/01/23 旧ブログからの再録記事です。

アスタリフト コラーゲン

(PR)還暦を迎える60歳男性へのプレゼントにこまっていませんか? 女性ならフラワーギフトもあるけれど、男性ならどんなものが定番なの? そんなお悩みにお答えする女性のための男性ギフトサイトができました。還暦 ギフト

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。