2006年03月25日

■性欲と食欲と(1)

他の作家さんもよく書いているが、“性欲と食欲”はとてもよく似ている。

(1)刹那的にお腹いっぱいにはなるが、永久的に、ではない。

(2)ひとくちに「したい・食べたい」と言っても、「あっさり〜こってり」まで、味は様々である。

(3)同じこと(もの)をしても(食べても)、美味しく感じるときと、そうでない時がある。



・・・ナドナド。
本当によく似ているなあと思う。 + + +

例えば性欲の場合。
彼と十分に愛し合った後は、本当に満ち足りていて「もうしばらくしなくてもいい」と思うんだけれど、(私の場合は)1週間もしたらまた彼を食べたくて仕方なくなる。

例えば食欲の場合。
ケーキバイキングに行って、大好きなモンブランや、ザッハトルテを思いっきり食べ、更にシメに生クリームのたっぷり乗ったカスタード・プリンを完食した後は、とっても満足して「しばらくケーキはもう見たくもない」と思うのだけど、やっぱり1週間もたつと、また目が甘いものを追いかける。

両方ともどんどん消化されてしまうようだ。
私のなかで。
摂っても摂っても、満タンになったと思うそばから、どんどん減っていく。

〜(2)に続く〜

この記事へのコメント
面白い考察ですね。
だからこの世に食べ物ネタとエロネタは永遠になくならないのかな〜、なんて。
Posted by さよこ at 2006年03月28日 02:51
さよこ様

コメント有難うございます。
おっしゃる通り、食欲&性欲って人間の基本的な欲求なんでしょうね。だからいつの時代にもネタは尽きない、というところでしょうか(笑)
Posted by ようこ@主催者 at 2006年03月28日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。