2009年10月31日

■スティーブン・スピルバーク監督映画『A.I.』

ひさすら悲しい子供のお話(;;)

あらすじ

時は未来。
不治の病に侵された息子をもつ夫妻は、人工知能をもつ少年型ロボットのデイビット(ハーレイ・ジョエル・オズメント)を家に迎える。
だが、やがて息子が奇跡的に蘇生したことから、
デイビットは家を出されてしまう…。

B00005YWZQA.I【字幕版】 [VHS]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2002-04-05

by G-Tools



<このレビューは2004年どの再掲載です>
→ 続きをよむ
posted by Youko at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ライトノベル

つい最近まで「ライトノベル」って何の事か知らなかった私。


→ 『ライトノベル』 の続きをよむ
posted by Youko at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

二宮ひかる『乱れる』

「みだらな女になってしまいたい、と思った。
だって頭の中はいやらしい事でいっぱいだ」
(本篇より抜粋〜高瀬のセリフより〜)


※以下ネタバレありのあらすじ

復讐のように.jpg



→ 『乱れる』 の続きをよむ

2009年10月26日

内田 春菊『ファンダメンタル (新潮文庫)』

あの人が悦ぶならなんだってしてあげたい”


4101452121ファンダメンタル (新潮文庫)
新潮社 1997-02

by G-Tools




→ 『ファンダメンタル』 の続きをよむ
タグ:SEX

■ブログをアクセスアップしよう! 

アクセスアップツールで定番なのが
「ブログランキング」に登録すること。

→ 「ブログランキング」の続きをよむ

2009年10月25日

■メリークリスマス Mr. Lawrence

私は単純なのでラジオから流れる曲にものすごく影響されやすいです。

好きな曲が流れてたりすると
一日中その曲が頭の中をぐるぐるまわり、
あげくの果てに口ずさみ続けまわりに不審がられたりもします。

→ 続きをよむ
posted by Youko at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |  コラム/本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

■河合香織『セックスボランティア』

タイトルにやられましたね。これは

先日の朝日新聞に広告載ってたんですけど、ものすごく目にとびこんできました(笑)

→ 『セックスボランティア』 の続きをよむ
posted by Youko at 19:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

■タロットカード ついに購入!

2年ほど前にも一度
「タロットカードほしいな」
と考えたことがある。

でも飽きっぽい私のこと。
「買ってもどうせやらないかも」
と思い、そのときは買うのを断念。

でもでも
今年の4月から私生活で迷うことが多くなり
「タロットカードがあったら、なんらかの指針になるのかしら」
と漠然と考えるように。

そうこうしているうちに
今月からタロット占いのお仕事が入ってきたので
「やっぱり買おう!」と決意。


 ↓ で、私が選んだのは…

(1)初心者にもお勧めという、定番中の定番、
 ライダーズの絵柄のタロットカード




(2)これまた上と同じく定番の教科書



さて
どうなることやら〜。




2009年10月07日

恋する瞬間

誰にでも周りをみわたせば
「私はこの人の人柄、好きだな」
と思える異性が数人はいますよね。
ƒVƒNƒ‰ƒƒ“‚P.jpg

さらにその中で歳が近かったり、自分の好みの容貌の人がいればさらに好感度はアップすると思います。


ではこの条件にあてはまるすべての人に恋愛感情をもちますか? といわれれば多感な10代以外のひとはたいてい首を振ると思います。
では他にいったい何が必要なのか。

それは、『意識しだすこと』

これが一番恋に落ちやすい要素だと思うのです。→ 「恋する瞬間」の 続きをよむ

2009年10月02日

しばらく昔の記事を投稿します★

今のブログを立ち上げる前に
「図書館でも読めるHな本」というサブタイトルをつけてブログをやってました(えらいタイトルだ〜(^^;))

ずっとほったらかしだったんだけど
せっかく書いたものなので、こっちに移すことにします。


ちょっと今と文体は違うけれど、
できるだけその当時のまま、転載するつもりです。


興味があるかたはどうぞ見ていってくださいまし。
(『二宮ひかる』作品レビューが多そうです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。